場の公共性

私たちは民間企業ですが、今回、水戸市南町に作る場には「公共性」を持たせるため、5つの仕掛けを考えています。


1.自由に使えるトイレ(車いす・オストメイト対応/無料 生理用ナプキン有)

2.ミライロID使用可能(障害者割引)https://mirairo-id.jp/

3.24時間使用可能なAED(自動体外式除細動器)設置

4.アイカサ https://www.i-kasa.com/

5.Ibaraki FREE Wi-Fi https://www.pref.ibaraki.jp/freewifi/index.html


ここでいう公共性というのは、誰が来ても困らない場所、というくらいの意味です。


また、営業時間内はどなたでも立ち寄っていただけますが、立ち寄る「きっかけ」を何か考えたいと思っています。本、絵、小物雑貨、ミニコンサート、少人数参加のイベントなどなど。10月の開所に向けて、少しずつ準備していきます。

写真は、昨日立ち寄った古坊地公園(日立灯台)の写真です。私の実家近くなのですが、いつでも来られて適度に空いているので、よく来ます。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示